中東 海外

ドバイ3泊4日アウトレットツアーが最高だった!

投稿日:2017-09-19 更新日:

中東、アラブ首長国連邦(UAE)にある世界的大都市ドバイ!

お金持ちの国で、税金がなくて、宝くじにめっちゃ当たる…。そんな夢の国のようなイメージを持っていたドバイ。

物価もホテルも飛行機も高そうなので、貧乏旅行を続けていた私には縁のない場所だと思っていましたが、JTBが出している「旅のアウトレット」に良いツアーがあったので行ってきちゃいました!

予算があまりないため高価な食事・アクティビティは楽しめなかったけど、ドバイはまさに夢の国(暑さ以外w)!

魅惑のアラビアンと先進的な大都会を観光した4日間をご紹介!

1日目

今回は航空会社ランキング上位の常連エミレーツ航空!飛行機嫌いな私でもワクワクしてしまうくらい魅力的な航空会社です。

格安ツアーだったこともあり、安定の深夜便で22:00出発でした!

空港の出発時の写真

年何10回も飛行機を使うのにいまだに飛行機恐怖症を克服できない私は毎回空港に着くと、緊張で手汗がハンパなくなります(笑)

ドバイに行くには成田から11時間ほど飛行機に乗らなければなりません・・・(汗)。

しかし、期待した通りのエミレーツ航空!

映画・音楽などのエンターテイメントが豊富で天井には星空が浮かぶすごい機体でした。

(写真を撮ってみたんですが天井にかすかに星空見えませんか?笑)

エミレーツ航空の機内の画像

機内食はお肉がのった麺類に、サラダ・パン・デザートなど満足いく食事でした!

エミレーツ航空の機内食の写真

記憶があったのは1回目の機内食までで、あとは着陸まで爆睡・・・。

1日目は機内泊で終わります。

2日目

ついにドバイに到着!!

しかし、到着時刻は・・・現地時間午前4時。5時間の時差があるので日本ではもう朝9時です。

体内時計もそこまで狂わないし、しっかり寝られたので気分爽快( ´ ▽ ` )ノ

空港はその国によって独特の雰囲気がありますが、ドバイの空港は煌びやかでいかにもお金持ちって感じ。こんなに大きなロレックスの時計は初めて見ました(笑)

ドバイ到着時間が午前4時の画像

この後JTBの人と待ち合わせしてホテルまで送迎の予定でしたが、現地通貨に両替したり写真を撮ったりしてたら完全に迷ってしまい1時間以上空港をさまようことに・・・。

やっと出会えた現地の人はかなり心配していたようで、なんかソワソワしてました(笑)

到着から2時間半。やっとホテルに到着。今回宿泊したホテルはMetropolitan Hotel Dubai(メトロポリタン ホテル ドバイ)です。

こんなに良いホテルに泊まったのは本当に久しぶりって感じなくらい綺麗なホテルでした!

メトロポリタン ホテル ドバイの画像

この時すでに外は明るくなり始めていましたが、初日に行くと決めていたドバイモールは午前10時開業だったのでとりあえず寝ることに。

メトロポリタン ホテル ドバイに最安値で泊まる

起床してみると・・・外の気温は40度越え。日本は30度いかないくらいの気温だったので暑すぎて笑えない(苦笑)

しかも、ホテルから駅は1キロ弱あるので15分くらいこの猛暑の中を歩かなきゃなりませんでした。

ドバイの外の画像

はい、誰も歩いている人いません。

汗だくだくになりながらやっとたどり着いた駅はまさに天国!でも冷房ガンガン過ぎて2分で寒くなります(笑)

電車に乗るため窓口で日本のスイカ見たいな「NOLカード」を入手。

チャージしたり、電車以外でも利用できるようですが、電車以外で使えるところは見かけませんでした。

ちなみにドバイの電車は飲み食い・居眠りは禁止。電車にセキュリティの人がいるので見つかると罰金です。

でも、大きい声で通話・音楽を垂れ流すのはOK。

写真撮ってもよさそうでしたが、セキュリティに睨まれたので止めました(苦笑)

20分くらい電車に揺られ、ドバイモールに到着。ここは世界一大きい水槽があったり、恐竜の骨があったり、でかい滝があったりといかにもお金ありそうな雰囲気。

ドバイモールのアクティビティ

めちゃくちゃ広いので一日で周りきるのは無理ですが、私たちは特に買うものもないので意外と早く飽きました。日本にはないブランドも結構あったので、ショッピング好きな人は楽しいと思います。

ここでドバイついて初のご飯。とりあえず安定のマックです。

マックは日本のと全く味が変わらないので、ドバイ料理が好みに合わなかった時は安心できますよ(笑)

ドバイのマクドナルド

ご飯を食べたら夕方から予約していたデザートサファリのため、一回ホテルに帰宅。外の気温はさらに上がって地獄のような暑さの中ホテルまで歩きます。

ドバイは広大に広がる砂漠の中にある街。砂漠を車で駆け抜けるデザートサファリは大人気のアクティビティです。

デザートサファリの光景

砂漠に着くと何10台ものランドクルーザーが止まっていました。

デザートサファリはとにかく砂漠を疾走し続けるアクティビティで、波のようになっている砂丘をトップスピードで駆け抜けます。日本車じゃなかったらたぶん壊れるんじゃないかってくらい、砂漠の中を駆け巡ります。

デザートサファリの様子

めちゃくちゃ酔うので酔い止めは必須です。
(ドバイのものは眠くなるので日本で買っておきましょう。)

ドバイで砂漠に沈むサンセット

サファリが終わり、砂漠の地平線に沈んでいく美しい夕日を眺めた後は、お待ちかねのディナータイム。

ちょっとその前に、ラクダにも乗らせてもらいましたが揺れに揺れるし、立ち上がる時落ちそうになりました(笑)

本日のディナーはアラブ伝統のバーベキュー料理ということで、見たこともない料理が並びます。照明はありますが暗いので何食べてるかわかりにくく、ちょっとした闇鍋状態。

豆のペーストがびっくりするほど美味かったです!

写真を取り忘れたことを後悔(汗)

ディナーが終わると電気をすべて消して星空観賞。

・・・正直星は日本で見るのとあまり変わりませんでした(苦笑)

帰りはまた砂漠を通りホテルまで送ってくれます。やっと涼しさを感じましたが、それでも気温は30度近く。

3日目

この日は少し早起きして、アラブ首長国連邦の首都・アブダビへ。

また、猛暑の中駅まで歩いて電車でバスターミナルのある駅まで向かいます。

ドバイからアブダビはバスで2時間ちょい。

700円ちょっとで行けますが、隣の人が臭かったりするので人を選んで座りましょう。

トイレもありますが、汚いのでおススメしません。

アブダビバスターミナル

12時ごろにアブダビに到着。ドバイほどではないものの、この都市もかなり栄えています!

ドバイの食事

お腹がすいたので近くのショッピングモールでランチ。羊の串焼き?と豆のペーストとかナンのようなものを頼みました。これで1000円くらいなので食費は結構高くつきます。

ドバイのミネラルウォーター

ドバイのような熱い場所に行くときは水は必需品!70円くらいで買えますがエビアンは300円くらいしました。

問題はこの後。

バスでグランドモスクまで行く予定でしたが、どんなに探してもバス停が見つからない。しかも、外の気温は驚異の45度!

朦朧とした意識の中1時間以上探しましたが、ついに見つかりませんでした。

バスを使いたい場合はキチンとリサーチしてから行くことをおススメします。

仕方がないので、バスの5倍以上の料金を払ってタクシーで向かうことになります。タクシーの運転手がフレンドリーな上メーター式だったので安心して乗ることができました。

苦労してやっとたどり着いたグランドモスクはものすごく美しい!

世界でいろんなモスクを見てきましたが、一番感動しました!

真っ白で、新築のようなその外見はまるでおもちゃ見たい!写真では伝わらない美しさがあります。

イスラム教徒以外は入れない場所も多かったのですが、豪華なシャンデリアと彫刻が見れただけで満足。

普段は絶対使わないタクシーで来たかいがありました!

アブダビ観光はモスクで終わったので、再びバスに乗りドバイに戻ります。

時間が余ったのでドバイのバス停から一番近いイブンバトゥータモールを観光。

世界一美しいスタバと呼ばれている場所でコーヒーを買い、ウェンディーズで大好物のベーコネーターを食べてみました。

味はアメリカとかと変わりません。

イブンバトゥータモールのスタバ

友達はラーメンを食べていましたが、うどんのようなそばのような不思議な味でした(笑)

4日目

この日は少し遠くまで足を延ばし、伝統的な市場・スークを行くことにしました。

ホテルからスークまでは電車で1時間くらい。この旅行5度目となるホテル~駅間を歩きます。

何度か乗り換えを行い、スークがあるはずの駅に着いたのですが、スークまでの道がわからない事態に陥ってしまいます(笑)

45度を超える暑さの中ひたすらスークを探し続け、やっとの思いでゴールドスークに到着!

ドバイのゴールドスーク

東南アジアの露店の雰囲気が漂っていて、なんだか懐かしい気持ちに。金製品で溢れているので、金ぴかの店が多かったのですが、写真を撮ったら怒られました(笑)

特に買うものもなかったし、照り付ける暑さを我慢できなかったので早々に退散。

お土産を買うため、2日目に行ったドバイモールへと向かいます。

中東のゴディバと呼ばれる「パッチ」でお土産を購入。悩んでたら優しい店員さんが試食させてくれました。

バージ・カリファ

ドバイモールのすぐ近くには、世界一の噴水ドバイ・ファウンテンとスカイツリーを超える世界一高い建物バージ・カリファがあります。

皆さんバージ・カリファをバックに写真を撮っていたので私たちも撮影タイムに。しばらく眺めていましたが、やはり暑すぎるのでモールへ避難しました(笑)

18時からの噴水ショーを見るため、3時間ほどの暇つぶし。

日本では見かけない謎のおもちゃを買ったり、日本に進出していない「Chili」のハンバーガーを食べて時間を潰します。

ドバイのバーガー

ドバイのオモチャ

ショーが始まる5分前。ショーを見るために続々と人が集まってきています。

ショーは2分と短いのですが、ラスベガスで見た噴水ショーよりも迫力があって少し感動!

このショーは18時からは30分おきに行われているようです。

そんな楽しかったドバイも今日でお別れ。もはや慣れ親しんだ駅からホテルまでの辛い道を歩きます。

ホテルをチェックアウトし、少々荒い運転で空港へ。

宝くじを買うつもりだったのをすっかり忘れ、出発まで熟睡してしまいました(笑)

帰りの飛行機ももちろんエミレーツ!飛行機恐怖症ですが、この日は眠気が上回り爆睡。

気が付いたら日本に着いていました!普段は怖すぎて寝られないので、すぐ寝付けたのは非常にありがたかったです。

非常に楽しい旅行でしたが、やはりもっとお金があればさらに楽しいんだろうなと感じずにはいられません。

あ、ちなみにドバイのお金はこんな感じです(笑)

ドバイの通貨

そして、ハワイとかグアム、ロサンゼルスほど観光地が密集してないので案外移動が大変。

がっつり観光するよりものんびりバカンスを楽しむという方には非常にオススメできる都市でした!

まだまだ建設途中のビルがたくさんあったのでこれからも発展していきそうです!

-中東, 海外
-,

Copyright© travelbrochure , 2020 All Rights Reserved.