アジア 海外

香港&マカオ

投稿日:2018-07-13 更新日:

今回の旅の目的地は香港&マカオ!

100万ドルの夜景があって、飲茶が有名で、中国であって中国ではない香港。

そして今やラスベガスを超え世界一のカジノを誇るマカオ。

どちらも日本にはない魅力がたくさんある場所です!

日本からも近いのも魅力ですよね。

今回使った航空会社はLCCの「香港エクスプレス」。これがかなりの格安で往復でナント6,600円

手数料や空港税を含めて15,700円だったので、運賃よりも税金の方が高いという何とも不思議な航空券でしたが迷わずゲット!

skyscannerで最安値航空券を探す

 

またしても特にリサーチせずのお1人様弾丸旅行です!適当にフラフラしているだけなのでご了承ください(笑)

1日目

LCCとしては当たり前の早朝便で香港へと向かいます!

朝6時の飛行機ですので終電で羽田空港に到着!とりあえず今夜の寝床を探しにフラフラしているとなんかいい感じの赤い椅子?を発見!

海外の空港では横になれるベンチは珍しく、横になるだけでかなりの安眠が期待できます!

しかし、残念ながらこの場所は天井のライトが明るすぎてなかなか寝付けず…w

 

寝られないのであらかじめタブレットにダウンロードしておいた「ゲーム・オブ・スローンズ」を観て、出発の時間を待ちました。

僕は色々な動画配信サービスを使っているのですが、この時はAmazonプライム・ビデオ

ダウンロード機能が付いているので、ネット環境がない所でもサクサク見れて本当に便利です!

まだ使った事ない人は、旅行に行く期間だけ無料お試ししてみるのも良いと思います。

一人旅って誰とも話せないのでタブレットやゲーム、電子書籍は必需品!

空港での待ち時間やホテルでちょっと暇な時間とかに重宝しますよ。

そうこうしている間に出発の時間!かなり遠く(羽田の端っこかも)のゲートまで歩き飛行機に搭乗。

飛行機の中では酔い止めを飲んで無理矢理寝てしまうのが最近の過ごし方。

特に揺れることもなく約4時間のフライトを終え、香港に到着です!

 

香港と日本の時差は1時間。時差ぼけの心配もなく旅行できるのが良いところ!

さて、中国人でごった返すイミグレを抜けて目の前にある両替所で1万円を両替します。

1万円で約666香港ドルと不吉な数字。

1香港ドルは約15円と計算します。これで言うと10香港ドルでペットボトルのジュースが買え、70香港ドルでご飯一回分くらいになるはず!

普段の旅行では支払いのほとんどカードなので現金をあまり必要としないのですが、香港・マカオはカードを使える場所が極端に少なかったです。

後々キャッシングする羽目になってしまったため、これから旅行に行く方は多めに日本円を持っていくといいかもしれませんよ。

 

不吉な666ドルを受け取り、ホテルまでの道のりを調べたら空港→市内を走る「エアポートエクスプレス」に乗り込みます。

何故か乗り場に改札はありませんが、後払いなのでそのまま乗り込んで大丈夫!

電車移動が多い方は空港で「オクトパスカード」を手に入れておきましょう!

これは日本のPASMOやスイカみたいなICカードで持っているとかなり便利です!

購入するためには「エアポートエクスプレス」乗り場前にあるカウンターで「オクトパスカード!」と言うだけ!

1枚150ドル(内デポジット50ドル)で、エアポートエクスプレスにもそのまま乗れちゃいます!

というわけで空港から香港駅まで直行!そこから青色の路線に乗り換えホテルがある北角へ!

電車内は飲食禁止で、混雑しているためスリには気を付けましょう!

今回泊まったホテルは北角から徒歩10分ほどのところにある「ホーミーイン ノースポイント」です!

かなり怪しい入り口でホテルというよりはゲストハウスですが、従業員の方も丁寧で内装も清潔!

部屋もかなり狭いけど1人部屋で1泊3000円台はかなりお得!

ホーミイン ノースポイントに最安値で泊まる

 

ただトイレはシャワーを浴びると全部びちゃびちゃになる安宿仕様。スイッチやコンセントも部屋の入口側にあるので結構不便。

値段が値段だから仕方ないけどw

 

この日の目標は「香港ディズニーランド」に行くこと!!

すでに14時過ぎではあるものの、一人だし他のパークと比べると面積が小さいので「4時間あれば周れる!」との考えでしたw

 

ディズニーランドに行くには再び電車に乗り、ディズニーランド駅まで行くだけです!香港の路線はかなり親切で迷うことはないはず!

 

ホテルから40分ほどでディズニーランド駅に到着!早速夢の国感が溢れていますw

しかし残念ながらあいにくの大雨!!香港はこの時期(6月~8月)は雨季?に当たるので雨が多いんだとか。

リサーチ不足が露呈してしまった…。実際に香港にいる間は毎日雨が降ったりやんだりしていました。

気を取り直してチケットを購入!何度も「only one?」て聞かれるも、この程度のことは気になりませんw

チケットは去年オープンしたアイアンマンのアトラクションをモチーフにしています。

香港ディズニーは日本にないアトラクションがほとんど!

 

アイアンマンのアトラクションがあったり、

謎の洋館や、世界に先駆けて公開されたトイストーリーランドもあります!

室内のアトラクションが多いので雨でも安心です!

 

案の定相当なガラガラ具合で4時間ほど経つと暇な状態に…。1人だから効率よく周れますしね!

雨も強く、前日からほとんど寝てなくてもうクタクタ。潔く退散しましたw

 

再び電車に乗りホテルまで帰宅。あまりの疲れでレストランを探す余裕もなく今夜はカップラーメンです。

ちょっと悲しいけど香港限定味っぽいから妥協。

ゲストハウスには大体ある簡易キッチンが共有スペースにあったのでここでお湯をもらいます。

ということで立て付けの悪いシャワールームでシャワー(ほとんど水)を浴びたら、固く狭いベッドで就寝…。

普段ならいろいろ気になるところが、疲れのためすぐに寝付けてちょっとラッキー。

 

2日目

この日は香港の市内を観光する予定…でしたがやっぱり雨が凄く雷まで鳴る始末。

事前に調べていたヴィクトリアピークで夜景を見る計画はすぐに無くなり、代わりに室内が多いショッピングモールを巡る本気の無計画プランに切り替えましたw

 

まず向かったのは香港の中心地「セントラル」。ここは100万ドルの夜景の場所で、オフィスビルや高級ショッピングモールが乱立している東京でいう銀座的な場所です。

 

この時点でかなりの雷雨。セントラルでは主要のモールを繋ぐ屋根付きの歩道があって、雨でも付近のモールを巡ることができました!

高級店が乱立しているモールや、何故かT-REXの化石(多分本物)があるモールなどいろいろあってすぐに時間は過ぎていきます。

私は買いものはしませんでしたが、ショッピング目的の人ならこの辺は欠かせないのではないでしょうか!

 

モールに飽きたので、ちょっと雨が止んだすきにこの旅行唯一の「香港ぽい食事」、ワンタンメン食します。

この店は「池記」といってネットでも有名らしく、味もかなり美味しい!メニューは英語付きなので分かりやすいです。

 

海老ワンタンメンとセットで出てきたカツと甘いお茶。お茶は英語でも漢字でも分かりませんでしたが、紅茶っぽい味。

しかし、この店はクレジットカードが使えなくて仕方なく現金で支払うことに。

空港で両替した現金が2日目にして3分の1になってしまったので、キャッシングしました…。

キャッシングは嫌いだけど、香港の駅には大体ATMが設置されていて何処でも現金が下せるのが便利ですね!

 

現金を追加で400ドル手に入れたら、香港の渋谷と言われる「コーズウェイベイ」へと向かいます!

ここはオフィス街と高級店が立ち並ぶセントラルとは異なり正に若者の街という感じ。

 

雨が止んでいたため、香港名物らしきスイーツを食べながらぶらつきます。

余談ですが、香港の企業広告やCMは日本の芸能人が出演しているものが多いです。

 

またLINEのキャラクター商品を付けている人たちも多く、コーズウェイベイのモールには「LINEショップ」も!

「日本産」というのが一つのブランドのような感じに浸透しているのが、日本人としてちょっと誇らしいですね!

 

ちょっと早めの夕飯はフードコートにあったココイチ。以前台湾で食べた時は現地の限定メニューがあったんですが香港は日本のものとほとんど同じ。

ご飯がべちゃべちゃで固めが好きが多い日本人の口には合わないかも。ルーは日本のものと多分同じです。

ココイチからは香港らしい景色が見られます!この日唯一の晴れ!

さらにふらつくと「そごう」を発見!そごうの本屋さんは不思議なことに日本語の本しか置いていません。

日本人向けかと思いきや、お客さんの半数以上が現地の方という何とも不思議な空間でしたw

それと香港の街中では今は亡きサークルKが結構あったりします。

 

道端でカニを売っているおじさんを眺めてフラフラしていると途端に現地感溢れる景色に。

この後1時間ほど駅を探しさまよってやっと駅を発見。いつのまに2駅分歩いていましたw

 

19時を過ぎても日が落ちないためか、治安の悪さはほとんど感じず。夜でも歩ける雰囲気です。

 

ホテルのある北角を出ると案の定雨。雨に打たれながら狭いホテルへと戻ります。

 

3日目

朝起きて窓の外を見るとやっぱり雨。この日はマカオに向かうので関係ないけど。

 

ホテルをチェックアウトし、マカオ行きのフェリーターミナルがある「上環」へと向かいます。

 

香港からマカオへの向かい方はヘリ・フェリー・飛行機の三種類。たぶんほとんどの方は一番安価なフェリーを選択するはず。

 

フェリーターミナルへ到着後、まずは窓口でチケットを購入します。チケットは事前にネットから申し込みも可能ですが、30分おきくらいに出ているのでその場で買っても大丈夫です。

声の大きいおばちゃん定員に「Go to MACAU!」といえば買えます。マカオ側のフェリーターミナルはタイパとマカオの2種類。ホテルがある方を選びましょう!

 

出国審査を抜けフェリー乗り場前までくるとこんな感じにシールを張られます。これが席番号になるわけです。

恐いくらい緑色をしている海を渡り、いざマカオへ!

フェリーは想像以上に揺れてかなり気分悪くなったので、私のように酔いやすい方は酔い止め必須です!

 

1時間の船旅を終えマカオに到着!ここからは無料のシャトルバスが出ているようで、タダならと適当に乗ってしまったのが失敗。

宿泊予定のホテルまでかなりの距離を迷いながら歩く羽目にw

シャトルバスはホテルの宿泊客だけでなく、一般の方でも無料で使えるため便利ではあるものの分かりにくさは否めません。

やっとの思いで本日宿泊するホテル「カラヴェルホテル」に到着!比較的安いホテルのため、入り組んだ道の先にあり分かりにくいです。

フェリーターミナルから楽に行くには「ポルテ16」が出しているシャトルバスに乗り、そこから歩くのが一番!

ホテルは1泊5000円ちょいと安価ながら、香港とは大違いの豪華さ!

シャンプーもロクシタンだし、ベッドも大きいし、シャワーとトイレ別だしで天国のようでした!

 

 

 

カラヴェルホテル

ちょっと休んだら、マカオの観光スポット「セナド広場」へと向かいます。

ここは世界遺産に認定されていて、近くの教会や聖ポール大聖堂跡地までヨーロッパのような道が続く異国感漂う場所です!

 

ポルトガル統治時代の名残か、石畳の道がさらにヨーロッパ感を醸し出します。

でもちょっと道を外れると香港や中国っぽい街並みが広がっていたり、屋台が出ていたりと地元っぽさがある不思議さ。

マカオ名物のエッグタルトを食べ歩きながら付近を散策し、カジノへと向かいます!

ギャンブルをすると熱くなりがちな性格なので、何とか自分を抑えながらカジノを見学。カジノ内の写真撮影は出来ません。

マカオ半島には多くのカジノホテルが立ち並んでいて、ギャンブル以外にもショッピングや無料のショーを楽しむこともできます!

カジノの豪華さと、スケールの大きさに驚きながらいくつかのホテルを巡っているといつの間にか夜に。

 

10時を過ぎていたのでレストランがどこもやっておらず、本日の夕食は皆大好きマクドナルドに決定!

写真とは違い過ぎて笑いそうになる気持ちを抑えながら、食べましたw

 

夕方とは打って変わって人気のなくなったマカオの町。皆さんカジノでギャンブルに興じているのでしょう!

 

4日目

マカオ二日目。翌日はすぐ香港へと帰らなければいけないので、マカオを観光できるのはこの日で最後です。

 

マカオで宿泊したホテルはこの値段なのに朝食付き!トーストとヨーグルト、ゆで卵といった質素なものですが、結構嬉しいw

朝食を食べ終わったら、大型ホテル「ワールドオブドリームス」のシャトルバスに乗り、タイパ島へと向かいます!

マカオは私の宿泊したホテルのある「マカオ半島」と外資系カジノホテルがある「タイパ島」と2つのエリアに分かれており、タイパ島へ行くにはバスを使わなければなりません。

 

タイパ島へ行く無料バスはグランドリスボアの前、グランドエンペラーホテル前から乗りましょう!

 

ということでタイパ島のワールドオブドリームスに到着!大型のライオンが出迎えてくれます!

 

まだ朝早かったためかモール内はガランとしていて寂しい感じ。

 

とりあえずカジノを少し見学して、飲み水を手に入れたら向かいにある「ウィンパレス」へ。

ウィンパレスは湖の手前側からゴンドラに乗り、ホテルの入口を目指しますが一人だと寂しい…。

5分くらいで湖の反対側に到着。高級そうなエスカレーターを降りてホテル内部へと入ります。

ウィンパレス内はカジノとショッピングモール、レストランがありフラフラするだけでも楽しいです!

 

ラスベガス行ったときもそうでしたが、カジノをしなくても壮大なスケールのホテルを観て回るだけで楽しい!ラスベガスに比べると不便な気はしますが。

 

続きまして、ちょっと離れたところにある「ヴェネツィアン」へ!

このホテルの内部は河が流れており、そこをゴンドラが走るまるでディズニーシーのような情景が広がっています!

ラスベガスにもあってフードコートを利用した記憶がありますが、ここのフードコートは激混み!!

メニューも中華風のものが多く、空いていた隣のホテル「パリジャン」のフードコートで味のないラクサをいただきました。

「パリジャン」と「ヴェネツィアン」は内部で繋がっているので涼しい中をらくらく移動できちゃいます!

パリジャンはエッフェル塔が隣接していてパリっぽい雰囲気が漂う高級ホテル。カジノもモールもあって結構時間潰せるw

そんな感じで結構時間がたったので、ホテルのあるマカオ半島に戻ります。

マカオに戻るにはヴェネツィアンからマカオフェリーターミナル行きのバスに乗り、グランドリスボア行きバスに乗り換えるなかなかめんどくさいルート。もっと良い方法があったのかもしれません。

 

この旅行最後の夜。ちょっといいものを食べようとMGMホテル内を歩いているとロブスターがあるビュッフェに入り、ロブスターを堪能。

ロブスターの爪かと思ってとってきたものは実はカニ。嫌いなカニを食べたせいでちょっと食欲が失せましたw

 

本物のロブスターはこっち。めっちゃうまい!

まぁ美味しいんですけど、7000円近く払ってこんなもんか感は否めません。

 

7000円払ったことで気が大きくなったのか、ここにきてこれまで自制していたカジノに手を出してしまいますw

 

スロットマシンに座ったらATMで下した400ドルを掃除機のように吸われ、現金が消失。

いつだったかシンガポールでカジノをしたときも1日目にして持ってきた現金すべてなくなったことを思い出しました。

 

5000円ちょっとしか負けてないのにかなり重い足取りでホテルへと帰宅します…。

 

5日目

この日はもう帰るだけ。夕方18時発の飛行機に乗るために香港へと戻ります。

マカオに来た時と同じようにシャトルバスでターミナルへと向かい、チケットを購入。前日のカジノで現金を失ったためカードでの支払いです。

 

再び酔いまくりのフェリーに乗り込み、緑色の海を渡って香港へ!

香港についた時点で14時を過ぎていたので結構急ぎ目で空港に直行。

初日に買って、旅行中かなりお世話になったオクトパスカードを返し、返金してもらいます。返金するには購入したカウンターで「りふぁんど!」と唱えるだけ!

 

デポジット分の現金を手に入れ、仕事先へのお土産を買ったらもう良い時間!

恐いくらいに揺れない飛行機で東京に返ります!

 

 

とりあえずもう一度香港に行くことがあれば、二度とこの時期には行きません!雨が凄くて観光どころじゃないんですよ本当にw

ディズニーランドは来年辺りに「アントマン」のアトラクション、20年くらいには「アベンジャーズ」のアトラクションができるらしいんで、そのときにまた行きたいかな。

 

マカオは・・・お金がある時にまたいきますw

-アジア, 海外
-, , , ,

Copyright© travelbrochure , 2020 All Rights Reserved.